薬剤師の働き方の

医薬品のエキスパートである薬剤師は、世界各国で様々な場所で「医療を支える人材」として活躍しています。 それでは、日本という国の中で「薬剤師の働き方」の種類にはどういったものがあるのでしょうか。


メニュー


薬剤師の働き方の「種類」って?

薬剤師,種類

医薬品のエキスパートである薬剤師は、日本という国のみならず様々な場所で医療を支える人材として活躍しています。 ではこの薬剤師の働き方の種類にはどういったものがあるのでしょうか。 まず最も代表的になるのが「調剤薬局勤務」という形です。 病院から発行される処方箋に従って医薬品を調剤し、患者さんに処方する際には服薬指導を行い、同時にこれまでの医薬品の履歴を管理するというのが主な仕事になります。 次にここ数年で大きく増加してきたのが「ドラッグストア勤務」です。 ドラッグストア勤務の場合、特徴的なのが「OTC販売」、つまり「処方箋なしに販売できる医薬品の管理」です。 お客さんの訴える症状を聞き取り、どういった医薬品が適切か、またどういったポイントに注意をしなくてはならないのかということを伝えることで、よりお客さんと身近な場所から医療を支えることができます。 三つ目が「病院勤務」です。 これは特に入院患者の方に対して処方される薬品の調剤に携わるということになりますが、それ以外にも病院で医薬品が使われるという場合、そのエキスパートとして多くの業務に関連していくこととなります。 最近では病院の中でも特定の病棟に特化し、患者さんとより多くの接点を持つ「病棟薬剤師」という在り方も増えてきていますから、この働き方にも人気が高まりつつあります。 そして四つ目が「製薬会社勤務」です。 これは様々な場所に供給される医薬品を作るということが主な業務になります。 結果が出るまでには数年から十数年という時間がかかる「根気」の必要な仕事ですが、その分達成感は高く、場合によっては治験管理に携わったりと様々な場所で活躍をすることができます。 142

薬剤師は薬の専門に特化した仕事

薬剤師,種類

薬剤師は薬の知識が豊富に有り販売や調剤が可能で、求めに応じて情報提供や薬選びを行います。 薬は体に何らかの影響を与えるので、効果と副作用について的確なアドバイスが必要です。 間違った薬の使い方をしない様に伝えるのも、薬剤師の仕事の一つで責任が有ります。 専門的な知識を持って特化した分野で働く仕事ですが、広い視野を持って薬を扱う事が重要です。 消費者が薬剤師に求める事は正しい薬の知識と安心で、信頼出来る存在は薬局に欠かせないと言えます。 医師とは違った形で医療に関わりますが、薬剤師は医師よりも消費者と関わる機会は多いのが特徴です。 日常の軽い症状の場合は薬剤師のアドバイスは参考になりますから、特に市販の医薬品に関する情報が求められます。 正しい効果を発揮する使い方を伝える事も大切ですが、症状に効果が期待出来る医薬品を選ぶ事も重要と言えるのです。 効果を期待出来ない医薬品を販売する事は、消費者との信頼関係に大きな影響を与えます。 信頼関係の崩れは医療への不信感に繋がる事も有りますから、販売には十分な説明を行い誤解が生まれないコミュニケーションが必要です。 薬の専門家としての信頼が求められますから、薬品の扱いに特化した仕事として身近に必要な存在なのです。 143

更新履歴

144
Copyright(c)2014 薬剤師の働き方の All rights reserved.
WEB MAGIC